怪人Xからの挑戦状

伊勢原市中央公民館まつりで、リアル謎解きゲーム「怪人Xからの挑戦状」を開催。

中央公民館の地下駐車場に怪人Xが設置した難解な謎の数々。
怪人Xの問題はどれも小学校なら誰でもわかるものばかり….なのに、なぜかわからない。君のすばらしいひらめきで、すべての謎を解いた時、あっと驚く仕掛けが待っている。
子どもから大人まで楽しめる本格的な謎解きゲーム。

日時 2月25日(土)午前10時半~午後3時
場所 伊勢原市中央公民館(伊勢原市東大竹1-21-1)

プロローグ

怪人Xが設置した難解な謎の数々。

君は怪人Xが用意した謎をすべて解き明かし、
打ち負かすことができるのか?

イベント後記

中央公民館の地下駐車場という場所を借りての謎解きゲーム。小学生3〜4年生ならわかる所に問題のレベルを合わせた謎解きゲームで、想定人数を大幅に上回る参加者に、スタッフからはうれしい悲鳴が聞こえました。子供から大人まで頭をひねりながら個人やグループで挑戦してくれました。
印象的だったのが、子供と大人が協力して謎に取り組んでいたところ….映像が少しずつ変わって行く場所がどこか考える問題では、小学生達の方が大人よりも先に見つけられるのですが、そのままだと文字数が合わなく悩んでいる所にお母さんから文字数が合う別の呼び方をアドバイスしている姿が見られたり、親子三代で来られていた御家族の方が悩んでいる場面ではなんと一番御年配の方にひらめきが訪れ歓声を上げる姿….などなど、制作側も予想しなかった場面で様々な様子がうかがえました。
問題を解いた後に驚きの仕掛けに、「この問題作った人誰なの??」という嬉しい声も聞こえ、謎解きの楽しさをわかってもらえたようで本当によかったっです。

参加してくれたみんなありがとう!またいつか続編で会いましょう!

次の記事

失われた犯行時間